Helping Funeral

霊園を知ろう|3つのポイントを押さえておくべし

永代供養がお勧め

受け入れ可能か確認する

花

神奈川にはいくつかの霊園があるので、改葬先として比較してみるのもいいかもしれません。
特に、別の地域から神奈川に引越しをする場合など、お墓は自宅付近にあった方がお参りもしやすく便利だからです。
供養しやすい地域を選択しましょう。
もちろん、霊園といっても改葬を受け入れているか、その霊園によって異なります。
希望している誰もが受け入れられるわけではありません。
というのも、多くの霊園は人気があり、予約がいっぱいになっていることもあるからです。
まずは、神奈川の霊園情報を収集しましょう。
ホームページをチェックしたり、口コミ情報をチェックしたりすれば、状況を知ることができます。
また、先々のことを考えるのなら、永代供養のところがお勧めです。
特に、子孫が居ない場合など、お墓を受け継ぐ問題が生じてしまいます。
実際に、現代では未婚の人も多く、お墓を受け継げない家庭も増えてきているのです。
そこで、早い段階で改葬を希望する人も多くなってきています。
神奈川の霊園の中には、このように永代供養や改葬に関する相談に乗っているところもあります。
相談は無料で受け付けていることが多いので、気兼ねなく問い合わせをしてみましょう。
電話やメールなどで受け付けていることがあります。
それから、改葬に関する流れも合わせて確認しておいた方がいいかもしれません。
費用はもちろん、どのくらいの期間で改葬ができるのか、把握しておくと安心です。
手続きの仕方なども確認しておきましょう。

樹木葬やペットとの供養も

ウーマン

神奈川の霊園は、しっかりと区画整理が行われていることが多く、その分景観が良好ということで知られています。
植物をあしらったアーチやフェンスのある西洋風ガーデンのような霊園や、噴水やベンチがある公園のような霊園も多いのです。
こういった霊園では、ファミリーでお弁当を持ってピクニック感覚で墓参りをすることも可能です。
子供のうちから積極的に先祖供養に関わらせることができるため、若年層の供養離れを防止できるという点でも、神奈川の霊園は注目されています。
さらに神奈川には、樹木葬と呼ばれている特殊な方法での納骨ができる霊園もあります。
大きなシンボルツリーの周辺に埋葬したり、逆に埋葬した場所に希望する樹木の苗を植えたりといったことが可能なのです。
日本では古くから、遺骨を自然界に戻すという散骨が、供養のひとつの選択肢とされていました。
ところが現在では、法規制により散骨が可能という場所が少なくなっています。
しかし神奈川の霊園でなら、樹木との共存という散骨に近いスタイルでの供養ができるのです。
また中には、ペットの遺骨と一緒に入ることができる霊園もあります。
そこでは、飼い主が亡くなった時に納骨しておけば、その後ペットが亡くなった時に、その遺骨を傍らに添える形で入れてもらうことができます。
逆に、ペットが先に亡くなった時に納骨しておき、後から飼い主が入ることも可能です。
このように神奈川の霊園には、景観が美しいだけでなく、故人の気持ちを重視した様々なサービスが行われているというメリットもあるのです。

資料を集めて徹底研究

お墓と家族

一通り葬儀が終わったら、次は納骨が行われるのが一般的な供養の流れです。
納骨は、四十九日の時期を目安に行われますので、この時までにはお墓を準備しておくことが必要です。
現在は、生前にお墓を購入して早めに供養の準備をしておく方が、神奈川でも多く見られます。
お墓を購入する時は、お寺の墓地や霊園などから候補を絞り込みます。
霊園は特に種類が多く、神奈川には公営や民営の施設が立ち並びます。
膨大な数の神奈川の霊園の中から候補を絞り込むには、資料を有効活用するのが1つの近道です。
霊園の紹介サイトを利用すると、神奈川の気になる霊園の資料を一括請求が出来ます。
数か所の霊園の資料をもとに、価格やアクセス、環境などを比較するのが購入前に必要になる準備です。
公営の霊園は、申し込みの窓口が運営する自治体になっている場合が多いです。
管轄の部署で書類などを取得し、申し込みを行う流れとなります。
公営の霊園の場合、申し込み受付後、抽選が行われるケースが大部分です。
抽選は募集時期に集中して行われるため、公営の霊園を希望する時はタイミングが重要になってきます。
抽選に漏れてしまった場合や最初から民営の霊園を希望する場合は、直接各施設に申し込みの手続きをします。
墓石は、購入手続の完了後に施工されるため、実際に納骨出来るのは、墓がすべて出来上がってからです。
すぐに着工が難しい時には、納骨スペースに遺骨だけを入れるパターンや、納骨室を利用するパターンなどがあります。