Helping Funeral

霊園を知ろう|3つのポイントを押さえておくべし

宗教や宗派を考える

選び方は慎重に

ウーマン

神奈川県には民間・公営を問わず多くの霊園があります。
霊園は宗教や宗派を問わず購入できるのでしょうか。
まず神奈川県では霊園が3つに分かれます。
1つは寺院経営・2つ目は民間経営・最後が公営です。
この3つの中で最も宗教や宗派について気にしなければならないのが寺院経営の霊園です。
寺院経営の霊園は入るのは一般的には檀家となる事が必要です。
つまり別の宗教や宗派であれば入る事は難しい事になります。
檀家となるとその後の法要はこの寺院で行う等、寺院との付き合いが今後必要になってきます。
その分永代供養をしてもらえる等の特徴もあります。
寺院経営の霊園は数が少ない上に空き情報を得る事も難しく、入るには簡単ではありません。
次に公営ですが、公営は地方自治体である県や市町村が運営するものです。
神奈川県にも公営霊園がありますが、ここでは宗教や宗派は問われません。
既に遺骨がある事等が条件となりますが、公営霊園は管理費が民間と比べて安い事などから非常に人気です。
購入する際には人気の為に抽選となる場合が多い点に注意しておく必要があります。
最後は民間経営ですが、ここも公営と同じく宗教や宗派の制限は受けません。
ただし民間企業が霊園管理を寺院等に委託する場合があるので、その点は確認が必要です。
神奈川県には多数の民間経営霊園があります。
数が多い事から抽選申込なる場合はありませんが、立地等により費用が大きく異なる上に、公営と比べると管理費が高めです。

知っておきたいお墓事情

手を合わせる人

大切なご家族に万が一のことがあったとき、精神的に追い詰められた中でお墓を決めなければならないのは大変なことです。
先祖代々の決まったお墓のある方は良いですが、これから探すとなるとどのようにして探せばよいのかとまどう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大切なご家族、あるいはご自分のため納得のいくお墓を生前に探しておくのも良い方法です。
なんといっても気分的に余裕がありますし、お墓の種類もたくさんの選択肢があることがわかります。
首都圏の方でしたら神奈川にある霊園はいかがでしょうか。
神奈川は首都圏から近くて御墓参りに便利です。
お年を召した方をお連れするのにも近いほうが助かります。
神奈川なら自然豊かで空気も良く広々とした空間の気持ちの良い霊園も多くあります。
海も山もあり土地としても魅力的な神奈川であれば、霊園に入ってからもゆっくり過ごせそうですね。
探してみると様々なスタイルのお墓も選ぶことができます。
最近人気がある樹林墓地などは抽選式のところもありますので、生前から何回かチャレンジしてみるのも良いかもしれません。
また合同の墓地ですと、後々御墓参りやお掃除をしてくださる方がいらっしゃらない場合であっても、お墓はきれいに保たれますので安心です。
昔ながらの区画のあるお墓をお望みの方も、今は小さいものや変わった形のものを選べるので、選択肢は数え切れないほどあります。
だいたいの場所が決まったら霊園に直接お聞きになるのも良いですね。

一般墓や合同供養墓がある

線香

神奈川の霊園の種類は公営、寺院、民営の3種類があります。
公営霊園は民営に比べて数が少ないので新しくできると申し込みが殺到します。
そのため抽選となることがほとんどです。
また霊園に空きが出た場合は不定期に申し込み受付をしています。
これも応募が多い場合は抽選となります。
それに比べて民営の霊園は数も多く購入は比較的容易です。
永代使用料は平均30万円前後で年間の管理費は6千円から1万円前後です。
1区画の敷地が広く好立地の場合は永代使用料は割高になる場合もあります。
神奈川の公営霊園の永代使用料は民営の半分程度のところもあります。
しかしこれも場所によっては民営の料金と同程度になるケースもあるのです。
墓石は石の種類やデザインなどにより70万円から数百万円まで幅広い価格となっています。
神奈川ではほとんどの場合、100〜200万円の間の墓石を用意する人が多いようです。
霊園には合同供養墓もあり、これは遺骨を合祀するタイプとなっています。
この場合は個別に墓石を建てないので費用も抑えることができます。
公営では6〜7万円程度の料金のところもあります。
しかしこの金額は霊園によって異なります。
民営では数十万円程度の費用が必要で、これには銘板代なども含まれます。
霊園は宗教に関係なく使用することができます。
また寺院の霊園もほとんどの場合宗教や宗派などにこだわらず購入できます。
神奈川では民営の霊園も好条件の物件はすぐに売り切れてしまうので早めに予約することが大切です。